えびまるブログ

当ブログは、主に音楽・芸能・映画に関してのまとめブログです。他に面白い!!と思ったトレンド情報など毎日更新で上げていきたいと思います(/・ω・)/よろしくお願いします!!

    カテゴリ: ゲーム


    ゲームの音楽って、プレイをさらに盛り上げる鍵だと思うんです。今回の『FFXVI』のサウンドトラックも確実にゲーム体験を良いものにしてくれるでしょう。楽しみにしています!

    【ファイナルファンタジーXVIのサントラ、5曲が先行配信スタート!ゲームの世界観を彩る豪華な音楽に期待が高まる】の続きを読む


    Steamのセール対象タイトルに『ライザのアトリエ3』が入っているのは嬉しい驚きです!私も大ファンであり、前作から続く物語にどのような展開があるのかワクワクしています。日本語版も対応しているので、より深くゲームを楽しむことができそうです。

    【Steamのセールで売り上げ急上昇!注目の『ライザのアトリエ3』をチェック!】の続きを読む

    2020年 11月12日 - PlayStation 5 (PS5) 発売。 12月11日 - フィリピンでPS5が発売。 2021年 1月22日 - インドネシアでPS5が発売。 2月2日 - インドでPS5が発売。 5月15日 - 中国でPS5が発売。 以下、日本国内でこれまでにテレビCMや会員サービス「PlayStation…
    32キロバイト (3,411 語) - 2023年6月10日 (土) 02:20



    マイクロソフトがPS5Slimの発売を予測しているとの情報もあるようですが、ソニーの公式発表はまだないようですね。いずれにしても、新しいプレイステーションモデルが待ち遠しいです。

    【ソニー、PS5Slimの年内発売をマイクロソフトから予告!】の続きを読む

    宇多田 ヒカル(うただ ヒカル、1983年〈昭和58年〉1月19日 - )は、日本の歌手、シンガーソングライター、ミュージシャン、音楽プロデューサー。本名:宇多田 光(読み同じ)。愛称はヒッキー。音楽プロデューサーの父・宇多田照實と歌手の母・藤圭子の下、アメリカ合衆国ニューヨークで生まれた。所属芸…
    169キロバイト (18,487 語) - 2023年7月3日 (月) 16:56



    宇多田ヒカルの新曲「Gold~また逢う日まで~」が「キングダム運命の炎」の主題歌になると聞いて、すごく楽しみです!彼女の力強い声と壮大な映像が融合するなら、まさに究極の戦いを体感できること間違いありません!
    キングダム過去主題歌のワンオク、ミスチルに続く宇多田ヒカル期待ですっ。
    映画館で見るの今から凄く楽しみです。

    【キングダム最新作、宇多田ヒカル楽曲と共に壮大な物語が展開!】の続きを読む


     PlayStation 5ゲームソフトFINAL FANTASY XVI」(FF16)が、6月22日に発売されました。発売一週間で世界累計300万本突破と、まずまずのスタートを切れたようです。先んじて配信された体験版が個人的に相当面白かったこともあり、ボクも発売日に購入し、先日無事クリアいたしました。

    【まんが全23コマを読む!】

     体験版でも感じたのですが、美しい映像に複雑な内容が分かりやすく整理されたストーリー、簡単操作でカッコよくプレイできるバトルシステムなど、全体的なクオリティはかなり高いと思います。さらに体験版にはなかったサブクエストも、世界観をしっかり補強してくれるので遊び甲斐があり好印象でした。

     一方で上で挙げたすべての部分で不満点も相当多いです。特にストーリーは、個人的には体験版で上がった期待値をかなり下回る出来でした。美麗な映像で表現されたリアルな世界観や重厚なストーリーに対して、登場人物の性格や心情が少年マンガのように分かりやすい描き方をしているため、すごく安っぽく見えてしまったのが残念でした。

     体験版が面白すぎたせいか、どうしても不満点が目に付いてしまうのですが、それでもゲームとしてのクオリティは相当なもの。手放しでは褒められないし、正直ボクは2周目をプレイしないと思いますが、少しでも気になっている人がいたら絶対にプレイしてもらいたい……FF16はなんとも評価の難しいゲームです。

    ●著者紹介:サダタロー

    1998年テレビ番組「トロイの木馬」出演をきっかけに漫画家デビュー。代表作は「ハダカ侍」(講談社、全6巻)、「ルパンチック」(双葉社、1巻)、「コミックくまモン」(朝日新聞出版、既刊7冊)など。現在、熊本日日新聞他で4コマ漫画くまモン」を連載中。Pixivsadataro、Twitterは@sadafrecce。

    ●連載:サダタローのゆるっと漫画劇場

    漫画家のサダタローさんが、世界初の電脳編集者「リモたん」と一緒に話題のアレコレについてゆる~く語るまんが連載。たぶん週末に掲載します。連載一覧はこちら。過去の連載はこちらからどうぞ。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    漫画家が「面白い、けど……」と感じたのは、ゲームの長さやリプレイ性に疲れを感じたためかもしれません。一気にクリアしたものの、ゲームのボリュームや各要素を十分に楽しむ余裕を持ってプレイすることができなかったのかもしれません。ゲームが無駄に長く感じられ、終盤には少し疲弊してしまったのかもしれません。

    <このニュースへのネットの反応>

    【「FF16」速攻クリアした漫画家が感じた違和感とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ